富士通研究所OSS「Cattaz」MarkdownとアプリによるWikiコラボレーションツール(共創ツール)

「富士通研究所」が「Cattaz」というOSS(オープンソースソフトウェア)をGitHub上に公開しています。

Cattaz 公式Webページ

GitHub – Cattaz

Cattazとは

Cattazは、Markdown(マークダウン)編集のWikiをベースにしており、Markdownエディタ上でアプリケーション名を指定することでプレビュー画面上にアプリを起動でき、アプリから情報を編集できる便利なツールです。

具体的には、Markdownの「fenced code block(バッククォート3つで始まるブロック)」にアプリ名を指定することで、プレビュー画面上にアプリを起動できます。

Markdownエディタ上のfenced code block内のデータとプレビュー画面上のアプリ内のデータは、リアルタイムに相互に反映されます。

オンライン上で複数人でリアルタイム同時編集もできます。

ちなみに、「Cattaz」の意味は、「自由闊達」の「闊達」から来ており、「かったつ」と読みます。

Cattazの動きは、以下の動画を見ればわかります。

利用場面

Cattazの利用場面は、例えば以下があります。

● ミーティング

打ち合わせの議事録作成や遠隔会議に使えます。

● アジャイル開発

かんばんアプリやKPTアプリなどを利用することで、スプリントの計画や振り返りができます。

● イベント

ハッカソンやアイデアソンなどの共創イベントにおいて、イベント進行に必要なアプリを用意しておけば、スムーズにイベントを行うことができます。

また、複数人リアルタイム同時編集ができるため、グループワークにも使えます。

使ってみた

例えば、「ブライトパス・バイオ」というバイオ企業の情報をCattazを使って次のようにまとめることができます。

上記のページでは、

「かんばんアプリ」で、ブライトパスのパイプラインの進捗状況を表示、

「YouTubeアプリ」で、ブライトパスの「完全個別化がん免疫療法」に関する動画を表示、

「Googleマップアプリ」で、ブライトパスの会社の位置を表示、

しています。

このような情報を1ページにMarkdownとアプリを通して簡単にまとめることができます。

Cattazは、JavaScriptとReactライブラリで実装されているため、Webアプリを開発する要領で、自分で好きなアプリを開発して導入することができます。

2018年4月現在、Cattazは機能としては不十分なものが多いですが、GitHubで公開されているため、興味を持った世界中の人々が開発していけば、今後さらに便利なコラボレーションツールになることが期待できます。

スポンサーリンク