フィールズ、パチンコゲームアプリ「アニモン」は流行るのか?

2015年3月5日に、スマートフォン向けゲームアプリ『アニマル×モンスター(アニモン)』がAndroidとiOS向けにリリースされました。

アニマル×モンスター公式サイト

跳弾(ちょうだん)バトルRPGと説明されていますが、わかりやすく言うとパチンコです。おそらく、パチンコはイメージがあまりよろしくないので、一般受けされやすいように、パチンコという言葉の使用を避けているのでしょう。

アニモンの開発会社はインテンスで、パブリッシャーがフィールズになっています。

フィールズ株主の私にとっては、流行って欲しい!

もともと「ことこと」がリリースされたときに、ことことが流行ったら…と思い、賭けでフィールズ株を買ったわけですが、ことことは現状いまいちで、収益になりそうになく、またカジノ法案もなかなか話が前に進まなくて、材料がない状態。

もうフィールズ株を売ろうかなと思っていたところに、アニモンが出てきたので、これに賭けたい!と新たに思いました。

最初フィールズは、アニモンに関わっていなかったのですが(裏では何かあったかもしれませんが)、途中でパブリッシャーになりました。

アニモンの元の名前が「パチンコ×モンスター(パチモン)」というのもあり、見た目もパチンコそのものなので、パチンコ関連会社のフィールズをパブリッシャーに選択したのだと考えられます。インテンスとフィールズどちらから先に話を持ち掛けたかは不明。

ゲームとして面白くてもマーケティング能力がなく、一般人に知れ渡る前に消えていくアプリが多々あるので、ブランド力もあり、金銭的な宣伝力や業界のコネ、ことことを100万ダウンロードさせた実績もあるフィールズは、パブリッシャーとして良いと思います。

気になるところは、契約内容。アプリ内課金で、セールス上がったときに、何割がフィールズに入るのか。

これは全くの不明なので、う~んといった感じです。ただ、流行ればフィールズ株が注目を浴びるのは間違いないので、とりあえず気にしないことにしますw

リリース前の期待度は大きく、事前登録キャンペーンでは、事前登録者数が14万人近くにもおよび、「予約トップ10」における事前登録者数は新記録を達成!

アニモン公式Twitterでは、3月8日今現在でフォロワー数1万超え。

また、パズドラ等で有名なYoutuberの「マックスむらい」もアニモンプレイ動画をアップしています。

出だしは順調。あとは、ここからさらに継続的に流行っていくかどうか。

ダウンロードして、プレイしてみましたが、iPhone4のスペックでも予想していた以上にヌルヌル動いて驚きました。

また、キャラの絵も可愛くて、全体のデザインも良い。

ゲーム性としても、最初はつまらないかなと思いましたが、続けていたら面白くなってきて今のところハマっていますw

大ヒットする“可能性”はあると感じました。

イベントや機能追加も前倒しで投入すると公式Twitterでつぶやかれていました。

円谷プロダクションを子会社としているフィールズなので、ウルトラマンとのコラボ、またパチンコ関係で、エヴァとのコラボも期待できます。

アニモンがリリースされた翌日のフィールズの株価は、アニモン材料で7%以上も上がりました。

なので、アニモンが流行れば流行るほどフィールズも注目され、株価も上がって行くと考えられます。

ただ、ちょっとでも流行らない雰囲気が出てきたら、すぐに元の値に戻ってしまいそうです。

最終的に流行らないと予想するならば、一時的に注目され、過熱した一過性の上昇のときに売り抜けたい!

ただ、アプリ業界は、何が流行るか予想ができないので、他に買いたい株がなければ、期待して持ち続けてしまいそうですw

パズドラ、モンストに続く大ヒット作になることを期待しています!!

スポンサーリンク

コメント

  1. […] ものなので、パチンコ関連会社のフィールズをパブリッシャーに選択したのだと考えられます。 [引用元] フィールズ、パチンコゲームアプリ「アニモン」は流行るのか? | Ariafloat Blog […]