フィールズ、言葉で遊ぶゲームアプリ「ことこと」は流行るか?

先日、フィールズ(2767)の株を買いました。

フィールズとフューチャースコープが言葉で遊ぶゲームアプリ『ことこと-ラセツとコトダマの国-』をスマホ・タブレット端末向けに配信開始したので、ソシャゲ関連銘柄(厳密には、ネイティブアプリ)として、賭けで買ってみました。

ゲームの公式ページはこちら > ことこと-ラセツとコトダマの国- 公式サイト

どういったゲームかというと

常日頃使用している「ことば」を駆使して遊ぶ「ことば発見RPG」。

画面に表示される文字パネルの中からことばを見つけ、それらのことばが紡ぐ力「言魂(ことだま)」で敵を攻撃しながら進行していく。

といったものです。

Android版が9月25日に配信され、レビューを見ると好評価で、ダウンロード数も今現在で30万件を突破。 > Android版がDL数30万件を突破! 絶好調配信中のことば発見RPG

「パズドラ」でガンホー株、「モンスト」でミクシィ株が何倍にもなったので、この後に続かないかなと淡い期待を抱きました。

ただ、やはりガンホーやミクシィとはゲームの開発能力に差があるのか、課金システム、サーバ負荷処理、デザイン等のゲームのクオリティがもう一歩という感じです。

ネットの評判を見ていても、ゲーム性としては非常に面白いけど、惜しい!もったいない!!といったような声が見られます。

今後、改善されていってほしいと思います。

昨日10月14日にiOS版がリリースされたので、私が保有しているiPhone4(そろそろ新しいスマホに買い替えたい)に早速ダウンロードしてみました。

昨日の夜は、サーバに負荷が掛かっていたのか、画面が真っ白になって繋がりませんでしたが、今日は繋がってゲームを進めることができました。

ゲーム画面のキャプチャは以下です。

koto2_1 koto2_2 koto2_3koto2_4 koto2_5

ゲームを始める前は、簡単に言葉を探せるだろうと思っていましたが、意外に難しい。

頭の体操になりそうです。いっそのこと知育ゲームとして宣伝してもいいんじゃないかと思いました。

流行ってくれることを期待しておきます。

また、フィールズ株を買った理由は、もう一つあります。

フィールズは、主にパチスロ関係の事業をしているので、もしカジノ法案が通ったら、ちょっとぐらいはカジノ銘柄として連想買いが入るかなと期待しました。

“ちょっとぐらい”と書いた理由は、カジノが日本にできるようになったところで、はたしてフィールズに恩恵があるのか未知数だったからです。

結局、ゲームもカジノも当たるか怪しいけど、当たれば化けるかなと思っての賭け買いです。

賭けで買った株で勝てたことがほとんどないので、もう賭けで買うのはやめておこうと思っていましたが、クリーク・アンド・リーバ社株で評価益がまあまあ出ているので、ついつい買ってしまいました。

途中まで勝っていても、最終的に負けるダメパターンですw

今回は、運良く賭けに勝ちたいです!

スポンサーリンク