男一人で札幌、すすきのに行ってきた ‐ 北海道旅行 Part3

男一人での北海道旅行、今回は「札幌」観光についてです。

前回の旅行記 ⇒ 男一人で小樽に行ってきた ‐ 北海道旅行 Part2

小樽観光後に、再度札幌駅に戻ってきて、札幌市内観光をしました。

「札幌駅」です(小樽観光する前に撮影したもの)。

「六花亭 札幌本店」です。

入り口に、うちわがたくさん飾られていました。

特に、六花亭で買う予定のものはありませんでしたが、なんとなく来ました。

よく北海道お土産でもらう六花亭の「マルセイバターサンド」は大好きです。

「北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)」です。

建物内の様子。

岩橋英遠「阿寒湖畔の松浦武四郎」という絵画。

「記念室(旧北海道長官・知事室)」

建物内は、私からするとそこまで観るようなものはありませんでした。

札幌といえばこれですね。

札幌市時計台!!

札幌市時計台…??

気のせいか、なんかペラペラなような。

なんと工事中でダミーの布で覆われていました!

がっかり名所として有名な札幌市時計台が、さらにがっかりに。

本当に、がっかりだよ!

写真撮影スポットの台があるのですが、そこから撮影したらこんな感じになりました。

もう何かわかんねぇ。

「さっぽろテレビ塔」

展望台に上りました。

展望台に上るエレベーターに「エレベーターガール」がいたのですが、お客さんが私1人しかいなくて、エレベーターガールと2人きりになり、無駄にドキドキしました。

展望台にあった「怖窓(こわそう~)」という窓です。

写真だとわかりづらいですが、この窓は、外向きに斜めになっています。

そのため、このように真下の方を眺めることができます。

展望台からの景色です。

2枚目の写真中央に写っているのは「大通公園」です。

「二条市場」

16時頃でしたが、朝から何も食べていなかったので、札幌といえば「味噌ラーメン」ということで、味噌ラーメンを食べることにしました。

行ったお店は、元祖札幌味噌ラーメン「味の三平」です。

本当かどうか不明ですが、ネットで検索したら、味噌ラーメンの発祥のお店と書かれていたので、このお店にしました。

ただ、お店の場所が非常にわかりづらかったです。

ビルの中の文房具屋の隅っこにありました。

「住所を見ると、このビルのこの階になっているけど、文房具屋やん…えぇ…」

と店内をぐるっと回ったら発見。

何でこんな微妙な所にあるのだろうか。

「味噌ラーメン」「手作りシューマイ」です。

空腹を満たした後は、「すすきの」に向かいました。

奥の方に続いている商店街は「狸小路商店街」です。

札幌、すすきのといえばよくメディアに登場する「NIKKA(ニッカウヰスキー)」の看板。

メディアでよく見るのは、光り輝いた看板ですが、まだ夜ではなかったため、光り輝いていませんでした。

夜になり、綺麗にライトアップされた「さっぽろテレビ塔」。

そして、先ほどのNIKKAの看板も光り輝きました。

これを見て、札幌、すすきのに来たという感じがしました。

観覧車もありました。

「ノルベサ(nORBESA)」という施設に入っている 「ノリア(nORIA)」という名前の観覧車です。

ピンク色の「自由の女神」。

「すすきの」といえば、テレビで芸能人がよくキャバクラ、風俗関連で話題に出すので、エロい街だと思い込んでいました。

しかし、大きな通りを歩いていても普通の男女がたくさん歩いていて、エロっぽいお店が見当たらなく、ただの繁華街じゃんと思いました。

しかし、大通りから少しずれた別の道を歩いてみたら風俗店などがありました。

ただ、その道もツアーで来ているアジア系外国人観光客が団体で歩いていたり、夜遊び案内所の横に長蛇の列になっている人気の飲食店があり、子連れ親子などが並んでいたりして、独特な雰囲気があるわけでもなく、誰も気にしないかのように普通に街に風俗店が紛れ込んでいました。

すすきのは、私が想像していた雰囲気とは違いました。

狸小路商店街は、人で混雑しています。

ただ、商店街の端の方まで行くと、ひっそりしていました。

せっかく、すすきのまで来たのに、何も女性とあんなことやこんなことがないのはどうかと思い、しかし、キャバクラに行ったことがないからキャバクラに1人で行くのも怖いと思い、大通りにあったガールズバーにでも入ろうかと迷いました。

ガールズバーに入ろうと店内を覗き込んだのですが、どうも微妙そうな雰囲気だったので、お金の無駄になるだけかなと思い入るのをやめました。

そして、来てしまった、クラブに!

もちろん目的は女性のナンパです。

しかし、びっくりするほど人がいねえええええぇぇぇぇぇ!!!!!

「Riviera Sapporo」というクラブです。

平日だからというのがありますが、23時30分頃でここまで人がいないとは…

客が多かった時で、男性4人、男性と一緒に来ていた女性1人くらいしかいませんでした。

このまま女性と何もないまますすきの観光を終わらすのはあかんと思って来たクラブがこの状態だとどうしようもないです。

ただ、過去に数回クラブに行った時は、うるさいだけだと思いクラブを楽しめなかったのですが、今回は知っている曲も流れており、人が少なく1人でまったり飲めたので、これはこれでありだなと思いました。

少し待つもお客さんが来る様子がなかったため、女性のナンパを諦め撤退することに。

先ほど食べたお店とは違うラーメン屋に行こうと思い、クラブの男性店員さんにオススメのラーメン屋を教えてもらいました。

クラブの店員さんにススメられた「麺屋 雪風」です。

お店の外には、出前用っぽい自転車がありました。

ただ、よくよく考えたら、ラーメンの自転車による出前はスープがこぼれそうだから、別の用途の自転車でしょうか。

店内には、芸能人のサイン色紙がたくさん飾られていました。

味噌ラーメン!

これが驚きで、上品な味で、こんな味噌ラーメンを人生で食べたことがありませんでした。

そして、スープのおいしさに感動しました。

普段ラーメンでこんなに感動することがないのに。

もしかしたら、女性をナンパできず冷え切っていた心をスープが温めてくれて、いっそうおいしく感じたのかもしれません。

性欲は満たされませんでしたが、食欲は満たされホテルに向かいました。

この日は、北海道大学前の東横インに泊まりました。

次の日は、早朝から登別温泉に向かいました。

旅行記の続き ⇒ 男一人で登別温泉に行ってきた ‐ 北海道旅行 Part4

スポンサーリンク