男一人で洞爺湖温泉に行ってきた ‐ 北海道旅行 Part5

男一人での北海道旅行、今回は「洞爺湖温泉」観光についてです。

前回の旅行記 ⇒ 男一人で登別温泉に行ってきた ‐ 北海道旅行 Part4

「登別温泉」からバスで「洞爺湖温泉」に行きました。

洞爺湖温泉に着き、バスを降車。

しかし、全然温泉地っぽくない。

しばらく歩くと、「洞爺湖」が出てきました!

この洞爺湖沿いにホテル・旅館が集まっていました。

私が宿泊した宿の「ゆりとろ洞爺湖」です。

ロビー。

泊まった部屋です。

予約した時に「訳あり部屋」となっていて安かったです。

部屋は全体的にしょぼい。

部屋の窓からの眺め。

訳ありの理由は、部屋の中がしょぼいからなのか、それとも窓からの景色がしょぼいからなのか。

少なくともお札(ふだ)などは見当たりませんでした。

部屋に荷物を置いて、周辺を散策しに出掛けました。

料理店などが載っている観光マップに、ホステスがいるクラブが載っていて、お店の説明に「90分1本勝負!体重無制限!?」と書かれていました。

体重無制限ってなんだよ…

「有珠山噴火ラーメン」という面白そうなラーメンの看板。

洞爺湖沿いの遊歩道です。

洞爺湖の中央には、中島があります。

湖の中央に浮かぶ「大島」、「観音島」、「弁天島」、「饅頭島」の4つの島を総称して中島と呼びます。

このブログを書きながら、ネット検索して知ったのですが、この湖沿いを2kmほど歩いた所に「珍小島(ちんこじま)」という湖畔と砂州でつながっている島がありました。

旅行中に知っていたら、そこまで行って、写真撮影していたのに。

私のちんことどちらが大きいか見比べたかったです。

頭にハトを乗せながらサックスを吹ているおっさんの銅像。

スワンボートなどもありました。

城型の船、遊覧船「エスポアール」です。

お尻!

速そうな見た目の船。

洞爺湖八景。

足湯「洞龍の湯」

女性と鹿さんの銅像

「坂坦道」作の「湖渡る風」です。

フレーム。

船と中島。

「噴水広場」

「北海道洞爺湖サミット 宣言の地」碑。

「洞爺湖(とうやこ)」の名前を何かで聞いたことあったけど何だったかな~と思っていたら、サミットでニュースなどで聞いていたのだとこの時に気づきました。

お散歩するには良い遊歩道です。

「洞爺湖ロングラン花火大会」というものがあり、夜に洞爺湖で花火を打ち上げるということで、夜に再度この湖畔の遊歩道に来ました。

夜になったら、イルミネーションが光り輝いていました。

遊覧船「エスポアール」の船上花火鑑賞もやっていました。

湖畔にあるホテル「洞爺湖万世閣 ホテルレイクサイドテラス」の庭でイベントが開催されていました。

このホテルに泊まると湖に面した部屋から花火が見られそうです。

光り輝く遊覧船と花火。

湖の水面上に反射している花火の色が綺麗です。

遊覧船から花火が打ち上げられているように見えます。笑

水中花火。

色鮮やかな花火。

それにしても、夏に男一人で花火を見ることになるとは。

室蘭やきとり「一平」で夜の食事をしました。

お店が閉まるのが早く(お店に入ったのは9時過ぎ)、お店に入ったら、もう料理のラストオーダーでした。

店主さん(?)に焼き鳥を適当にオススメで焼いてもらいました。

店内に北海道の「壮瞥(そうべつ)町」で行われる街コンのポスターが貼られていました。

参加費がなんと男女1,000円。

安い上に、男女で料金に差がない。

男性の参加資格に「壮瞥町在住、または、壮瞥町内勤め」と書いていたので、壮瞥復興のための街コンのようです。

プログラムに、「昭和新山観光」とあって面白いです。

宿の温泉(本日3度目の温泉)に入った後に、食事の量が足りなかったので、コンビニおにぎりを部屋で食べました。

ハーゲンダッツ。

温泉を大満喫し、花火を観て、おいしい焼き鳥を食べて、酔っ払って、幸せ気分で就寝しました。

次の日は、朝に洞爺湖の遊覧船に乗って、中島散策に行きました。

旅行記の続き ⇒ 男一人で洞爺湖の大島でトレッキングしてきた ‐ 北海道旅行 Part6

スポンサーリンク