男一人で函館散策、函館の夜景を見てきた ‐ 北海道旅行 Part8

男一人での北海道旅行、今回は「函館散策」「函館の夜景」観光についてです。

前回の旅行記 ⇒ 男一人で五稜郭に行ってきた ‐ 北海道旅行 Part7

五稜郭観光の後は、「函館ベイエリア」に向かいました。

函館ベイエリアに向かっていたら、「はこだてビール(HAKODATE BEER)」という建物がありました。

もうここら辺から函館ベイエリアです。

テラス席でおっさんらがビールを飲んでいるのを見て、私もとても飲みたくなりました。

ノスタルジックな雰囲気の場所が出てきました。

函館ベイエリアにあるお店に入ったら、「キレートレモン×GLAY コラボ ラベル」が売っていました。

なぜかTwitterでGLAYファンのアカウントからフォローされて、それでGLAYのコンサートが明後日(2018年8月25日、26日)にあることを知りました。

また、五稜郭から函館ベイエリアに向かう途中にも、GLAYのグッズを持っている若い女性が街中にいました。

格好ですぐにGLAYファンだと気づきます。

「金森赤レンガ倉庫」

広場にツリーがありました。

「幸せの鐘」

しばらくの間、若いDQN集団がこの鐘の所に居座っていたので、後から再度来て撮影しました。

赤レンガと運河。

海の方には、大きめの船が停泊していました。

赤レンガ倉庫群。

赤レンガ倉庫の壁にGLAYのコンサートの看板が飾られていました。

GLAYファンらがこの前で写真撮影していました。

奥に見えるのは「緑の島」です。

ここでGLAYのコンサートが行われます。

コンサートのセットが見えて、ライトが光り輝いていました。

この後、函館ベイエリアの隣地区の洋館や教会がある「元町」散策に向かいました。

「旧桟橋(東浜桟橋)」です。

「北海道第一歩の地」碑

「北島三郎記念館」

入館はしていません。

「相馬株式会社」

「基坂」という名前の坂です。

道路幅が広く、上まで真っすぐ続いていて、上には洋館が見えて、見栄えがある坂です。

基坂には、綺麗に花も植えられていて、オシャレです。

「函館市旧イギリス領事館」

建物がかわいらしく、また、庭園の噴水がライトアップされていて、良い雰囲気です。

「元町公園」

夜になると建物がライトアップされるので、夜は昼とは違った雰囲気を楽しむことができます。

元町公園に「四天王像」と書かれた銅像がありました。

四天王ってどんだけ~

指までさしていて、どうみても偉そうですw

各人物の名前は「今井 市右衛門」、「平田 文右衛門」、「渡邉 熊四郎」、「平塚 時蔵」です。

銅像の見た目は威張っている感がありますが、ネット上で各人の功績を見ると、国のため、人のために生きた素晴らしい方々のようです。

「旧北海道庁函館支庁庁舎」

「旧開拓使函館支庁書籍庫」

「旧函館区公会堂」

色やデザインがかわいらしい。

月も出ていて、メルヘンチックな良い眺めです。

ぶらぶらお散歩。

夜でほとんどのお店が閉まっていました。

今度は「八幡坂」という坂です。

奥に海、夜景が見えて、美しい眺め。

「函館ハリストス正教会」

「函館聖ヨハネ教会」

建物の形が変わっていて、面白いです。

「カトリック元町教会」

「函館市地域交流まちづくりセンター」

元町の建物巡りは、お散歩にちょうど良いです。

そして、函館といえば、「函館の夜景」

平日でも夜はめっちゃ混むと言われていましたが、函館に来たからには、夜景を見ずに帰られないので、いざ「函館山」に向かいます。

「函館山ロープウェイ」です。

ロープウェイに乗るのに、20分ほど待ちました。

9割以上はアジア系外国人観光客なのではといった様子でした。

なので、外国人観光客がいなければ、とても空くと思います。

ちなみに、函館山には、バスで行くことも可能です。

ロープウェイ乗車待ちしている時に、GLAYファン3人組が並んでいたのですが、2人は若者で1人はおばちゃんでした。

会話内容的に家族にも見えなかったので、GLAYファン繋がりで知り合った人らだと思います。

組み合わせが何か面白かったです。

函館の夜景キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

しかし、観光客で超激混みでヤバいー!!

まともにゆっくり夜景鑑賞なんてできません。

男女カップルで来て、ロマンチックに浸る余裕なんてありません。

「ほぇ~ほぇ~ほぇ~」といった感じでの夜景鑑賞になります。

空いている時期があるかは不明ですが、函館山の上で素敵な夜景を眺めながら、女性に愛の告白やプロポーズをしようと考えている男性は、事前に函館山に登って、混み状況を把握しておいた方が良いです。

この写真の右の方を見ると少しわかりますが、人でギュウギュウです。

景色は、写真やテレビで見るものよりも綺麗で、うっとりしました。

これで観光客がいなければ、女性に愛の告白をする場所としてはうってつけです。

私は、一緒に夜景を見に行ける女性の知り合いがそもそもいないので、そんな機会はありませんが。

写真左の方のおそらく「緑の島」のライトが青色や赤色に変化しているのは、GLAYのコンサートのセットでしょうか。

函館の夜景の何が素晴らしいって、やっぱり、地形です。

両側が海になっており、アーチを描いて美しい「くびれ」になっているのが、味を出しています。

この美しい夜景をもっとゆっくり見たかったです。

別の方の景色です。

強く光っているのは、海上にいる漁船でしょうか。

さらに、別の景色。

ロープウェイは、一般的なものと比較して大きいです。

それでも帰りのロープウェイで、乗るまでに40分ほど待ちました。

バスの方も長蛇の列ができていたので、ロープウェイとどちらの方が早いかはわかりませんでした。

ロープウェイで下山後、夜ご飯を食べに、居酒屋に向かいました。

函館の猫さん。

「魚一心」というお店に入りました。

手書きのメニュー。

「活イカ」を食べようと思っていたのですが、残念ながら売り切れでした。

生ビール大!

刺身の盛り合わせ。

ホッケ。

かに身。

ホタテのバター焼き。

あら汁(にしん汁)。

魚介づくしです。

お店に予約の電話が掛かって来て、店員さんが「その日はGLAYのコンサートでいっぱいです」と返答していました。

GLAYのコンサートがあると、客が増えてお店も潤う様子です。

隣席のおっちゃん客がこちらをチラ見してくるので話しかけたら、会話が大変でした。

色々仕事関係の質問をしてくるので返答しましたが、何を言っても否定するような返しが来ました。

「天邪鬼かよ!老害かよ!!」とツッコミたくなりました。

Aと言うと否定されるので、その裏返しのBと言っても否定されて、もう意味わからん!となりました。

日本の未来がこのようなおっちゃんらに握られていると思ったら、おっぱっぴーと思いました。

お店を出たら、店前で猫さんが座っていました。

私が猫さんの写真撮影をしていたら、この姿勢のまま横目で私をジトーっと観察してきてとても可愛かったです。

おそらくこの猫さんは、お店の残り物をもらうために待っているのでしょう。

このままだと今回の旅行は、女性とイチャイチャせず、うんこなおっちゃんの話に付き合わされただけになってしまう、ヤバい!となり、バーに行って、女性をナンパすることにしました。

「BAR MOJITO(モヒート)」です。

「キウイモヒート」を注文しました。

バーに来たものの、カウンター席には誰も座っていなく、テーブル席に1グループ、サラリーマンらがいるだけでした。

女性いない!

女性ってこの世の中に存在しているの?

いったい皆どこで女性と出会っているんだよ!!

どこに行ってもおっさんしかいないやんけ!!!

と思いつつ、サラリーマングループが給料の話やファイザーがどうとか話していて、少しその話が気になりました。

しばらく待つも客が誰も来ないので、撤退。

泊まるホテルに向かっている途中に、道端の手相占いでおっさんが1人で占ってもらっていました。

女性と縁がなさ過ぎて、私も手相占いをやってもらいたい気分になりました。

ホテルは「ルートイン グランティア函館駅前」に泊まりました。

次の日も1日函館観光です。

旅行記の続き ⇒ 男一人でトラピスチヌ修道院、函館市熱帯植物に行ってきた ‐ 北海道旅行 Part9

スポンサーリンク