CMで有名な一畑山薬師寺に初詣に行ってきた

2017年、「一畑山薬師寺」に初詣に行ってきました。

一畑山薬師寺は、愛知県岡崎市にある臨済宗妙心寺派の寺院です。

愛知県ローカルのテレビCMでよく宣伝されていて、「いちはたさんやくしじ」という言葉を聞けば、愛知県民なら誰もが「それ、聞いたことがある!」となります。

一畑山薬師寺へは、自動車で行きました。

山の上にあるため、急な坂道を車で上がって行きます。

1月2日の15時頃に行ったのですが、その山道の道路は、渋滞していました(駐車場への車の出入りがあるため)。ただ、駐車場は、空いており、すんなり駐車できました。

本堂です。

写真に写っていませんが、この左側に涅槃像(仏像)がある建物、この右側に梵鐘や食堂がある建物があります。

梵鐘です。

「一撞一〇〇円以上お志」と書かれています。

その隣には、「鐘をついて運がつく」と書かれているので、本当に運がつくなら100円は安いかもしれません。お金に見合った運しかつかないかもですが。

さらにその隣には、「この世は撞いて撞かれて共存共栄」と書かれており、卑猥な言葉に見えてしまいました。「この世は、(男性は)ついて、(女性は)つかれて(男性がつかれても良いですが)、共存共栄(ある意味、共存共栄ですね)」。

この汚らわしい心、煩悩を鐘を撞いて消さないと。

ただ、この言葉が下ネタでないならば、「撞いて撞かれて共存共栄」の本来の意味は何なんでしょう。大きく捉えると、「全ての事象は、相互に作用して巡り巡っており、それによって世界が成り立っている」とかそんな意味でしょうか。

結局、私は鐘を撞きませんでした。撞くこともできていません。

涅槃像です。

大きいです。そして、金ぴか。

ネット上の誰かが書いている情報によると体長は、「薬師」にちなんで「8.94m」だそうです。

上記写真の左側の巫女さんが写っている辺りで、500円のお守りを買うと「胎内めぐり」ができます。また、涅槃像の背中側や足裏も見ることができます。

巫女さんが立っている辺りの柵の部分が地下への入口となっています。

私は、入りませんでした。

本堂にて参拝。「一畑山」と書かれています。

本堂の天井は、円の中に「一」の漢字が入ったマークがずらり。

お賽銭を入れ参拝後、右の方の本堂の窓口に行くと「20歳以上の独身の男女の方に”良縁貝守”を無料配布」していました。

これは、すごいサービス!

鐘をつくのにもお金を取るのに、良縁貝守を無料配布とは。

この良縁貝守をもらうには、住所や氏名を書類に書く必要があります。

その書類を見て、もしやこの住所が結婚相談所などの業者に渡っていて、後日、勧誘の電話や広告が送られてくるのではと推測しました。それなら、貝守の無料配布も納得。

ただ、貝守と一緒に「~の会」へのご入会のチラシをもらうので、その~の会の宣伝のためだけに貝守を無料配布しているのかもしれません。

結局、私は、住所を書くのも嫌でしたし、お守りも付けないので、もらいませんでした。

この貝守をもらっている男女がいたので、この窓口前で、貝守をもらっている異性をナンパすればいいんじゃないかと後から思いました。

もし、後日、電話番号が業者に渡って、結婚相談所などから電話が掛かってきて、かつ、相手がまだいない状態だけど、結婚相談所には入会したくない場合には、「頂いた良縁貝守を持っていたら、すぐに相手が見つかりました」と言うと良いかと思います。

山の方の風景。

一畑山薬師寺が山の上にあるというのがわかります。

また、一畑山薬師寺には、御霊泉があり、ご祈祷を受けた人は、入浴することができます。ネット上の情報では、温泉と書いている人もいれば、温泉の基準を満たしていないと書いている人もいます。

参拝も終わり、帰ろうと駐車場(本堂向かって左側の駐車場)の方に向かっていたら、駐車場横に外宮「天姫龍神」というのがあり、「結婚結び開運」と書かれていました。

3つ仲良く並んでいる拝殿のうち、中央の拝殿が「天姫龍神」です。

「縁結び」ではなく、「結婚結び」とは。初めて聞いたかもしれません。

これは、まだ付き合っている相手がいない状態の人でも効果があるのか、既に付き合っている相手がいて、その相手と結婚したい人に効果があるのか。

と思いましたが、付き合う前に一目惚れで、いきなりプロポーズして(されて)結婚というパターンもあるので、付き合っている人がいない状況でも、結婚したい人ならOKでしょう。

よくよく考えたら、「縁結び」って、あいまいですよね。

どのような縁なのかが明記されていないため、例えば、結婚に結びつくような相手との縁が欲しいのか、結婚はしたくないけど、遊べる相手との縁が欲しいのか、何でもありです。

それを考慮すると、「結婚結び」というのは、結婚という明確な目的があり、縁結びよりも誠実さがあります。

「ゼクシィ」を買って部屋に置くよりも、結婚に煮え切らない彼氏に「一畑山薬師寺に初詣に行こっ!」と言い行き、知らない振りをして、自然にこの”天姫龍神”の前に彼氏と来ると効果てきめんかもしれません。

そこまで考えて一畑山薬師寺に彼氏と初詣に行く女性がいたら、諸葛孔明もびっくりな策士です。

今年は、株などで5億円以上儲けることが目標です!

あと、女の子とイチャイチャできますように。

スポンサーリンク