男一人で鬼怒楯岩大吊橋、鬼怒川温泉ロープウェイに行ってきた

「鬼怒川温泉」の男一人旅。

今回は、「鬼怒楯岩大吊橋」「鬼怒川温泉ロープウェイ」の観光記事です。

前回の旅行記 ⇒ 男一人で東武ワールドスクウェアで世界遺産を観てきた

「東武ワールドスクウェア」から「鬼怒楯岩大吊橋」へは、徒歩で行きました。

距離にして、約1.6kmです。

鬼怒楯岩大吊橋は、鬼怒川温泉街の南部と名勝「楯岩」を結ぶ全長140mの歩道専用吊橋です。

ネット情報によると、鬼怒川は女性楯岩は男性を表すとされていることから縁結びの橋と言われているそうです。

吊り橋効果でさらにラブラブになってしまいますね。

もちろん私は、一人で行ったので、ラブラブになる相手はいませんでしたが。

それにしても、「鬼怒川=女性」と言うのは、女性が鬼のようであり、そして、怒っているということを表現したかったのかどうかと思い、ネット検索したら「時に激しく時にゆったりと流れる様は女性を表し」と書いているWebサイトがありました。

時に激しく…まぁ、女性は怖いということですね。

「鬼怒楯岩大吊橋」です。

高さが結構あります。

川からの高さは約40mあるそうです。

吊り橋の歩道です。

思った以上に結構揺れます。

おっさん2人が一緒に観光に来ていた知り合いらを怖がらせようとめっちゃ橋を揺らしていて、ちょっと怖かったです。

私は面白かったので良いですが、他の観光客もいるのに。

また、揺れているときは歩くのもちょっと困難になるため、揺らすのは普通に危険でした。おっさん…

橋の上から撮影した鬼怒川です。

橋を渡った先にいた「楯鬼」の像です。

ちなみに、どの岩が「楯岩」なのかわかりませんでした。

ネット検索してもなかなか情報が引っかからず、ここが楯岩と印を書いているブログもあったのですが、本当にそこの部分なのか信憑性が不明でした。

お次は、「鬼怒川温泉ロープウェイ」に乗って山に登ろうと考え、ロープウェイ乗り場への無料シャトルバスのバス停まで歩いて向かいました。

その途中、「きぬ川ホテル三日月」で防災訓練をしていました。

複数の消防車から実際に水も出しており、大規模な訓練でした。

無料シャトルバスのバス停は、「鬼怒川ライン下り」の乗船場近くにあります。

私がシャトルバスに乗ったときは、お客さんが私1人しかいなく、バスの運転手さんは暇で話し相手が欲しかったのか、私に色々話しかけてきました。

話しかけてきたのは良いのですが、その運転手さんが話す内容が次第にかなり偏った思考のものになっていったため、最後の方の内容は、私は同意しかね、へぇへぇと適当に返答して受け流しましたw

鬼怒川温泉ロープウェイ乗り場です。

施設の建物は古そうな見た目なのに、ロープウェイの乗り物はちょっと新しい感じの見た目でした。

ここをロープウェイで登っていきます。

登って行くこの山は「丸山」と言います。

山頂の空中庭園展望台からの鬼怒川温泉地の景色です。

下に写っているのは、「おさるの山」です。

お猿さんがいます。

別の角度の景色。

山頂はこんな感じです。

ちょっと歩いて行った所にある「温泉神社」です。

この左手にハイキングコース(?)への道がありましたが、通行止めになっていました。

お猿さん。

山頂は、他に何も観光する所がなかったため、すぐロープウェイで山の下へ戻りました。

ロープウェイ乗り場から歩いて5~10分ほどの場所にある飲食店の「Cafe Salon de The OKA(カフェ・サロン・ド・テ・オカ)」です。

ランチを食べに行きました。

場所がちょっとわかりづらい所にあります。

観光案内所でもらった飲食マップに、おいしそうなハンバーグの写真と一緒に「テレビ番組でも数回取り上げられた評判のメニュー」と書かれていたので気になっていました。

ランチメニューです。

「2,100円(税別)」と高めの料金ですが、イチ押しっぽいので、「とちぎ和牛大田原産ハンバーグランチ」を注文しました。

テレビ東京「いい旅夢気分」、テレビ朝日「旅の香り」の番組で紹介されたそうです。

席に座ったら、サービスで、1粒ずつ袋に包まれたチョコボールのようなお菓子をお皿にたくさん載せて出してくれました。

平日ということもあってか、お客さんは数組だけでした。

というか、観光マップに載っていないと気づかない、人通りがない場所にあるお店なので、お客さんが入りづらいかと。

ただ、ネット上の書き込みを見ると、土日などはそれなりに混んでいるっぽいです。

サラダです。

オレンジ色の四角い物体は、ニンジンのゼリーです。

ハンバーグ!

すごくおいしそうです。

形が真ん丸です。

真上からの写真なのでわかりづらいですが、楕円形のボールのような形で分厚い面白いハンバーグです。

ほどよくふんわりしていておいしかったです。

もちろんライスも付きます。

おまけの大根の小鉢です。

プリン系のデザートです。

とてもおいしかったです。

果物はおまけです。

メインのハンバーグはもちろん、サラダやデザートもしっかりしていたので、十分2,100円(税別)の価値はある満足が行くランチでした。

最初に出されたお皿にたくさん載っていたチョコボール的なお菓子は全部食べず、たくさん余らしたのですが、お店を出て少し歩いていたら、お店から店員のおばちゃんが出てきて、お皿に余っていたそのお菓子を持って行ってと言い、全部くれました。

チョコボールゲットだぜ!

近くに「鬼怒子の湯」という足湯があったため、どんな感じの場所かと向かいました。

鬼怒子の湯の隣にある「くろがね橋」から撮影した鬼怒川です。

「鬼怒子の湯」です。

そして、「鬼怒子」ちゃんです。

鬼怒子ちゃん、エロくて、かわいい!

足湯建物内に入り、手湯(?)のお湯だけを触って出て行こうとしたら、足湯を楽しんでいるおっちゃんから「足湯やっていかないの」と声をかけられましたが、他に観光予定があるのでと返答し、次の観光に向かいました。

お次は、「龍王峡」観光です ⇒ 男一人と愉快な外国人らで龍王峡に行ってきた

スポンサーリンク