草津温泉に男一人旅してきた

草津温泉

草津温泉に男一人旅してきました。

1泊2日の旅です。

私は温泉好きで、下呂温泉などにも車を運転して一人でぶらっと行ったりします。

上の画像は、草津温泉の中央にある湯畑です。

この先で、温泉がどばーって流れ出ている様子が下の画像。みんなここで記念撮影しています。

草津温泉

草津温泉に行くときは、電車で「長野原草津口駅」まで行き、そこからバスで「草津温泉バスターミナル」に行きました。

計4時間30分ほど掛かりました。早朝に出発したので、電車の中では、ほとんど寝ていました。

草津温泉では、「ちょいな三湯めぐり手形」を買うと「御座之湯」「大滝乃湯」「西の河原露天風呂」に入れます。

手形は、上記の各温泉場所で売っています。もちろん買いました。

昼頃に到着したので、湯畑を一周してから「柏香亭」というそば屋で、まいたけ天ぷらとそばを食べ、まずは「西の河原露天風呂」に向かいました。

西の河原露天風呂に入る前に、そのちょっと先にある「鬼の相撲場」を見に行きました。

そこに行く途中で気づいたのですが、なんと道から西の河原露天風呂の男湯の一部が見える!裸のおっさん見えている!!

これいいの!男の裸を見たい女性はウハウハやん!女性に裸を見せたい男ウハウハやん!!と驚きながら、鬼の相撲場を見た後、西の河原露天風呂に入りました。

だだっ広い露天風呂です。シャワーなどの洗い場はなく、ひたすら露天風呂。

解放感があって良いです。少なくとも私が露天風呂から露天風呂が覗ける道を見たときには、誰も歩いていませんでした。

知らずに、可愛い女の子に見られていたかもしれません。いやんっ!

とゆったりしつつ癒され、次は、片岡鶴太郎美術館で美術鑑賞。

その次は、お土産屋など入りつつ、草津熱帯圏へ。

失礼ですが、行く前は、寂れていて、しょぼいだろうなぁと思っていたのですが、意外に見るところがたくさんあって面白かったです。

熱帯地域の植物がたくさんあるのかと思いきや植物はあまりなく生き物がたくさんいましたw

カブトムシ

なんと、カブトムシやクワガタが放し飼いになっていました。少年の頃の気分に!

亀

亀が仲良く3P。うらやましい!私も混ざりたい!!

カピバラ

他にもカピバラやワニやサル、ヘビなど色んな生物がいて、非常に楽しめました!

熱帯圏というか動物園ですね。

次は、「熱乃湯」で湯もみ鑑賞。

IMG_3075

よくテレビで見る有名な湯もみを見ることができます。

体験コーナーもあったりします。詳細は、公式Webサイトで。

その後、「大滝乃湯」へ。行ったり来たりですw

男1人だからできる荒技旅行です。

ちなみに、草津温泉は、硫黄の成分等それなりにきついので、1日に何度も温泉に入り過ぎるのは良くないらしいです。

1日3回までとかどこかのサイトに書いてあった気がします。回数より、温泉に入っている時間が問題な気もしますが。

大滝乃湯でゆったりした後、晩飯で「暖(だん)」という生姜焼きが有名らしいお店に入りました。

想像していた生姜焼きではなく、ボリュームある生姜焼きで、ご飯大盛りにしたことを後悔。なんとか頑張って完食。

食後は落語を楽しみに。

落語

この日は旅館での開催だったのですが、想像以上に狭い空間で近い!

落語家は「柳亭明楽」という方でした。

夜の湯畑はこんな感じです。

湯畑

湯気がもくもくしていました。幻想的です。

また、昼より観光客が多い!みんな浴衣を来て出てきていました。

そして、ビールを買って素泊まりのホテルへ。

余談ですが、ホテルに向かう前に、お土産として試飲して美味しかった日本酒1本と日本酒ベースの梅酒1本、計約5,000円分購入したのですが、次の日、手から落としてしまい、見事に2本とも瓶が割れ、パーに。身軽になったとはいえ、もったいない。ホテルで飲んでおけば良かったですw

あんな簡単に日本酒の瓶って割れるんですね。勉強になりました。

ホテルでビールを飲みつつ、今日1日強行スケジュールで色々観光してしまったので、明日どうしようかと悩みつつ、近くに「本白根山」という山があったので、そこに行くことにしました。

朝早く起き、ホテルの温泉に入り、草津温泉バスターミナルからバスでロープウェイ乗り場へ。

一人ロープウェイいやっほい!

ロープウェイ

ちなみに、7番の番号のロープウェイがあり、それだけ豪華仕様になっています。もし乗れたら記念品がもらえるとか。

7番ロープウェイ通るかなと見ていたら、すれ違いました。噂通り豪華仕様でしたw

上に到着すると、リフトがあり、さらに上に行けます。

そこから本白根山の山頂まで歩いていけます。

熊も出ると書いていたので、Tシャツ一枚の格好で歩いていけるのかなと思いつつ、おそるおそる歩いて行ったら、ラフな格好なおばちゃんやおじちゃんも歩いており、全然大丈夫でした。

この日は、すごい暑い日だったため、山の上は涼しい良い気温でした。この季節だから半袖Tシャツ一枚でOKですが、涼しい日は半袖Tシャツ一枚は厳しいかな。

山頂から撮った写真です。

本白根山

コマクサという高山植物も咲いていました。ただ、開花の季節がずれていて、枯れ気味でしたw

コマクサ

山頂から先に進む道があり、鏡池を周回できます。

本白根山

草生い茂っているけど大丈夫かなと思いつつ、一人で突き進んで行きました。

虫がぶんぶん飛びまくっているので、長袖欲しいと思いつつ、先ほどの道とは違う足元が不安定な山道を進んでいくと綺麗な湖が!「鏡池」発見!!

鏡池

神秘的でした。

自然って良いなぁとしみじみ感じました。

鏡池まで下りられそうな非常に怪しい脇道があったのですが、案内板もないし、めっちゃ茂みっているし、半袖だし、一人だし、もし何かあったら怖いと思い、鏡池まで下りるのは諦め、通常の道を突き進んで行きました。

後からWeb検索したら、結構みんな鏡池まで下りていましたw

行けば良かったかなと思いつつ、でも最近素人の登山客の事故が増えているらしいので、正しい判断ではあったと思います。

通常の道でも、一歩間違えたら崖から落ちるような道なので、慎重に歩く必要があります。

とは言いながら、結局約2時間のハイキングコースを1時間以内で歩き終えました。

その後、ロープウェイ山頂駅から出ている、名物ガイド山田さんの運転する白根山シャトルバスに乗りました。

ロープウェイ山頂駅に「ベイクドカレーパン」が売っているのですが、これがすっごい美味しかったです!ぜひ行ったら、食べてみてください!!

ロープウェイで下に戻り、バスで再び草津温泉バスターミナルへ。

「御座之湯」に入り、三湯めぐり手形の3つの温泉を制覇!完湯認定証がもらえましたw

さすがに、もう行くところがなくなったので、ちょい離れたところにある道の駅に徒歩で行ってみました。男1人なら全然問題ないですが、徒歩だとちょい遠いかもです。

そこにベルツ記念館があったので、入って見ていたら、「カルロヴィ・ヴァリ」という言葉が!おぉっとなりました。

カルロヴィ・ヴァリとは、チェコにある有名な温泉地です。

私は昨年チェコに旅行で行っており(これも一応一人旅)、カルロヴィ・ヴァリにも行っていたのです!

カルロヴィ・ヴァリに行ったときに「草津温泉」と看板があり、姉妹都市と書かれていて、へぇーっと思っていたのですが、「ここで繋がった!」となり、おぉっとなりましたw

国内より先に海外の温泉地に行くというのも面白い体験ですw

その後、まだ帰るまでの時間が余っていたので、草津温泉館で日帰り温泉に入りました。

ここの露天風呂もちょい車道から見えます。

全裸でめっちゃ伸び伸びしていたら、あれ?向こうの方に車走っているやん。可愛い女の子に見られていたかも。いやんっ!

となりましたが、たぶん気づかないレベルの遠さと茂み具合なので大丈夫です。可愛い女の子なら見られても問題はないですが。

そして、夕方に。帰りは、草津温泉バスターミナルからの新宿行きバスに乗って帰りました。

バスの方がずっと座っていられるので楽です。

温泉に入っているときはゆったりしつつ、温泉から出たら、強行スケジュールの男一人旅。

上記には、書いていませんが、神社や公園にも行ったりしています。

非常に癒され、非常に楽しめました。

結局、ホテルも合わせたら5つの温泉に入りました。

やっぱり温泉って良いですね!

いつの日か、よくWeb広告に出てくるイラッとボールを投げたくなる「カップル混浴風呂」という夢のお風呂にも入ってみたいです。

スポンサーリンク

コメント

  1. nana より:

    はじめまして~温泉旅行で検索していたら、こちらに辿り着きました(^-^)
    草津いいですね!夜の温泉がこんなにも幻想的だったなんて知りませんでした。私も温泉が大好きなので、いつか行ってみたいなあ(*^-^*)

    • >> nanaさん
      コメントありがとうございますヽ(´ー`)ノ
      夜は、浴衣を着た人がたくさん出てきて、湯畑がライトアップされていて、良い雰囲気でした!
      草津ならではの雰囲気を楽しめると思います。そのうち行けると良いですね!!