非リア充が「ちょ、おま、紀元前からやり直してこい」と思う女性の発言5選 ‐ 男心シリーズ3

男心シリーズ3は、『非リア充が「ちょ、おま、紀元前からやり直してこい」と思う女性の発言5選』です。

シリーズ2 ⇒ 「男性が女性に手を出さない理由 ‐ 男心シリーズ2」

非リア充・非モテ・童貞の男性だからこそ、普段女性と会う機会がなく男性同士でウホウホしているからこそ思う、「その発言を言える立場じゃねぇ、おれになってみろ、絶望するぞ」と言いたくなる女性の発言を紹介します。

つまり、真の非リア充からしたら、すっごい贅沢な発言です。

なぜ、本ブログ記事のタイトルに「紀元前からやり直してこい」と書いているかというと、その発言の言葉の本来の意味を知れ、人生経験が足りないからそんな贅沢な発言をできるんだ、それを正すには紀元前から人生をやり直して、経験を積む必要があるだろうと超大袈裟誇張した説教をしたかったからです。

ちょ、おま、紀元前からやり直してこいと思う女性の発言

1. 私、人見知りなんだよねー

はい、出たー。

よく女性が発言する人見知りアピール。

真の人見知りは、人と話すのが怖くて、人の目を見て話すことすらできなく、異性と話すなんてもってのほか。

人見知りが異性と話すとなると、「デュフフフwwwフホッwデュフッwヌポォホォwwwww」となって会話が成立しません。

「人見知り」と言っている女性に「彼氏いないの?」と聞くと「彼氏いるよー」、「数ヵ月前にいたよー」と彼氏いるorいたことがあるという返答が100%返って来ます。

今のところ、「人見知り」と言っていて、彼氏がいたことない女性に出会ったことがありません。

それは、決して「人見知り」ではありません。安心してください。

男と「ちゅっちゅ」や「にゃんにゃん」できてしまう、しっかりとした社交性があります。

2. 私、男性恐怖症だから、男性と話せない

はい、出ましたよー。

私、男性が苦手、チャラくないアピール!ぬほいっ!!

もうこれはググって「恐怖」の本来の言葉の意味を再確認してしまうね。

だって、「男性恐怖症」と言っておきながら、彼氏がいたり、結婚していたり、いつの間にかでき婚していたりしますもん。

それに対して、ツッコミを入れると「彼氏だけは特別」という返答。

まいったわー、これは、まいったわー

その彼氏って男性じゃないの?宇宙人?もしかして、ペットのことでも言っているのかな?

というわけで、それは「男性恐怖症」ではありません。

ちゃんと克服できています。克服というか、もはや「男性好き好き症」です。

どこかの風紀委員の女性が自分のハレンチを隠すために言うような言葉です。

「女性恐怖症」の非リア充は、本当に女性が恐怖なので、女性と話す場面が来ないように、ものすっごいがんばって女性から避けます。もし、女性と話すことになっても恐怖&緊張で「はい」としか発言できません。

3. 私、全然モテないの

女性の誰もが言うね。

男性も言うけど、非リア充男性が言う「モテない」とは、次元が違う。日銀の黒田総裁もびっくりな異次元世界へレッツラゴーです。

アベノミクス絶好調時の日経平均2万円台を「女性のモテない」だとすると、「男性のモテない」は、リーマンショック後の日経平均6,000円台。それぐらいの株式の買いの需要(モテさ)に差があります。ちなみに、イケイケリア充を日経平均と対応させると、バブル時の3万円台でしょう。

モテないという女性に「告白されたことある?」と聞くと、「何回かある」と言います。「男性から食事に誘われたりもしないの?」と聞くと、「たまにある」と言います。

それって、モテないと言わねーから。それって、モテるって言うから!とツッコミたくなります。

おそらく、モテないと発言をする女性は、「私の理想の男性に告白されないの」「イケメンに告白されないの」です。

もし、非リア充の男性が女性から食事にでも誘われようならば、すっげー喜んで、会社からウキウキにスキップしながら帰って、コンビニでハーゲンダッツを買って、家でハーゲンダッツを食べながら、「おれにモテキがキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」とTwitterでつぶやいちゃうぐらいのテンションになります。

女性の方は、本当のモテないということを知ってください!

4. 出会いがない

はい。

「出会いがない = イケメンがいない」です。

知っていたかね、ワトソン君。

普段から年齢が近い男性と接していて、おしゃべりもしていても、女性から見たら、それは決して出会いではありません。

女性にとって、イケメン以外の男性は、ゾウリムシを相手にしているようなものなのです。ゾウリムシとの出会いを出会いというほど女性はバカではありません。なので、「出会いがない」で合っているのです。

それと比較し、非リア充男性の普段の生活環境には、本当に女性がいません。よって、数ヵ月、女性と話さないなんてざらです。

厳密には、女性と話す機会はありますが、お店の店員さんとかです。

コンビニの女性店員さんに「お弁当温めますか?」と聞かれ、「はい、お願いします」と返答するぐらいです。

恋愛の世界では、「単純接触効果」という心理学効果が有名ですが、非リア充男性は、お店の店員さんとしか女性と接する機会がないので、その心理学効果で、大変申し訳ないですが、店員さんに恋しやすいです。

コンビニの「お弁当温めますか?」だけで、恋に落ちます。

本当に申し訳ございません。ただ、心理学効果の不可抗力なのです。非リア充男性に対しては、許してやってください。浮気・不倫目的の男性のナンパに対しては、フルボッコでOKです。

5. 浮気しない男性が良いの~、一途な男性が良いの~

非リア充生真面目男性諸君、この言葉だけには騙されるなよ!

この発言をしている女性が、浮気している男性、彼女を取っ替え引っ替えしている男性に惚れている所を幾度と見てきたか。

女性は、心理学的に、生物学的に、子孫を残せる確率が高い肉食系男性に惚れてしまうというのが潜在的にあるので、この女性の発言は仕方ないと思います。

理想は、浮気しない男性が良いと思っているのすが、本能は、浮気できるような男性を求めてしまう、体が勝手に好いてしまうの~状態なのです。

ただ、できれば非リア充男性の前では、この発言をしないで頂きたい。非リア充は、生真面目過ぎたりするので、それを信じてしまうのです。

生真面目過ぎて、女性慣れしていないのが理由でモテなかったりするので、少しチャラいぐらいがちょうど良いのに、この女性の発言が生真面目さに拍車をかけ、真面目を通り越して、女性から見たら、キモいの領域に達してしまうのです。キモ男の完成です。キモ男が量産されるのです。

キモ男が量産される一方、浮気はするけど女性にモテる男性が、キモ男の分も女性にモテモテになるので、非リア充にとって、これは究極の負の連鎖になっているのです。

また、「私は、一途」と発言している女性が、彼氏と別れたと思ったら、1ヵ月以内に別の彼氏を作っていたりして、「一途ってなに?ねぇ、一途ってなにーーー!!!」状態なので、非リア充男性は、「一途」という言葉に決して騙されてはなりません。

まとめ

あえて面白おかしく煽るような文章に書きました。

男心シリーズとして書いているのに、単なる女性批判っぽくなっていると思うでしょうが、女性の発言の中で、男からしたら、「おいっ」とツッコミをいれたくなる、その心を示しました。

おそらく、今回述べた発言をする女性が非リア充男性に生まれ変わったら、「あぁ…こういうことだったのか」と思うことでしょう。男性に生まれてきたことに絶望するでしょう。

そして、非リア充男性に言いたいのは、「他人(女性)の発言に左右されるな」、「自分が思う道を行け」、そして、

非リア充男性よ、大志を抱け、女性を抱け!

と述べ、本ブログ記事を締めます。

スポンサーリンク

コメント

  1. まめ より:

    こんにちは!はじめてこちらのblogにお邪魔させてもらいましたが、男心シリーズ、「そういうふうに見えてるんだ~」と思えてとてもおもしろいです。
    シリーズ4も楽しみにしてます(^o^)/

    • >> まめさん
      読んで頂きありがとうございます!
      男一般の考えというか、私の考えに偏っていますけどねw
      おそらく、リア充の男性と非リア充実の男性とでも見え方は変わってくると思います!
      乞うご期待!