男一人で青い街「シャウエン」に行ってきた・後編 ‐ モロッコ旅行 Part3

HISの団体ツアー「impresso(インプレッソ)・モロッコの誘惑8日間」でのモロッコ男一人旅、今回は「シャウエン」観光の「後編」です。

前回の旅行記 ⇒ 男一人で青い街「シャウエン」に行ってきた・前編 ‐ モロッコ旅行 Part2

前編から引き続き、ひたすらシャウエンの画像を貼っていきます。

窯です。

建物に描かれている絵を見ると、パンっぽいものを焼いています。

塔がある施設。

よく見ると、塔の上にスピーカーが付いています。

ドア前の門の淵の柄が綺麗です。

装飾品などが売っています。

建物だけでなく、空も青い。

商店街もあります。

アニメの世界に出てきそうな雰囲気。

猫だけでなく、犬さんも登場。

落ちているぬいぐるみをくわえて拾っていました。

「にゃー?」

「にゃんっ!?」

「ペロペロにゃ~」

猫の盗み食いを目撃。

シャウエンで売っているミルク製品類は、いったん猫に舐められていると思った上で、購入した方が良さそうです。

果物に絵が描かれています。

スヤスヤお休み猫。

海の中のような青一面の世界。

奥の階段の方は住んでいる人の敷地内ということで、ちょっと手前で(現地モロッコ人ガイドさんが良いという所まで)、皆記念撮影していました。

背景が青一色で、この写真を表示する端末のディスプレイによっては、私の姿がCGで合成したかのように浮かび上がって見えます。

「ハウタ広場」です。

広場の中央には、水が出る所があります。

また、飲食店があり、そのお店のイスの上で、猫がスヤスヤ寝ていました。

平和です。

「CENTRE CULTUREL CHEFCHAOUEN」という施設です。

ガイドさんが色々説明していましたが、内容は忘れました。笑

「ハマム」です。

「ウタ・エル・ハマム広場(ハマン広場)」です。

ここで10分ほど自由行動になりました。

広場で、手のペイントもやっていました。

ガイドさんが、このペイントは、かなり消えづらいと言っていました。

シャウエン市街観光はこれで終了し、ちょっと歩いて行った所で昼食をとります。

「Hotel Parador(ホテル パラドール)」というホテルで昼食です。

食事をする店内の様子。

モロッコ産ビールの「Casablanca(カサブランカ)」ビールです。

昨日飲んだFlagビールは味にコクがありませんでしたが、このカサブランカビールはコクもあり、おいしかったです。

ネットで検索してみたら、カサブランカビールは「プレミアムビール」と書かれていました。

さすが、プレミアムビールはおいしいです。

生野菜付きサラダ登場。

旅行のスケジュール表には、「ケバブ」と書かれていましたが、串に刺さっていました。

デザートは、オレンジ。

食べましたが、これも生なので、食当たりの危険があるような。

路上で売っている生絞りオレンジジュースは、食当たりの危険があるから飲まない方が良いとガイドさんが言っていました。

昼食後は、シャウエンの街並み全体が見渡せる場所で写真撮影。

この後、「フェズ」へバスで向かいました。

青い街「シャウエン」を観光して、青いさわやかな気持ちになりました。

シャウエン目的でモロッコに来た私は、これで今回の旅行の目的を達成できましたが、まだまだ旅は続きます。

旅行記の続き ⇒ 男一人で迷宮都市「フェズ」に行ってきた・前編 ‐ モロッコ旅行 Part4

スポンサーリンク