男一人でプラハ(チェコ)に旅行してきた ‐ 後編

男一人でプラハ(チェコ)に旅行してきた ‐ 前編」の後編です。

引き続き観光時に撮影したプラハの写真を載せて行きます。

今回の旅行記のリンクは以下です。

「男一人でプラハ(チェコ)に旅行してきた ‐ 前編」

「男一人でウィーン(オーストリア)に旅行してきた」

「温泉地のカルロヴィ・ヴァリ(チェコ)に旅行してきた」

観光写真

チェコ プラハ 街1
チェコ プラハ トラム(路面電車)
チェコ プラハ 街2
プラハの街中。
地面は、石畳です。
トラム(路面電車)が走っています。
チェコ プラハ 旧市街
「旧市街」
目の前に見えるのが「ティーン教会」。左の方にあるのが「天文時計」です。
旧市街には、お店がたくさん集まっていて、お土産もここで買えたりします。
チェコ プラハ 旧市街 天文時計
天文時計。有名な観光名所です。
チェコ プラハ 旧市街 天文時計前
天文時計は、からくり時計になっていて、時間になると動き出します。
時間になると大勢の見物客が来ます(見物客の多さを表す写真ですが、1人ずつモザイクをかけるのが大変だったので、一気にモザイクをかけさせてもらいました)。
「大勢の見物客に紛れる & 天文時計に集中している」のを利用して、スリが多発しているらしいので、天文時計を観るときは、気をつけましょう。
チェコ プラハ 旧市街広場1
チェコ プラハ 旧市街r広場2
「旧市街広場」
シャボン玉を飛ばしている人や芸をしている人、セグウェイに乗っている人らがいました。
チェコ プラハ オベリスク
オベリスク(写真右)。
チェコ プラハ プラハ市民会館(スメタナホール)
「プラハ市民会館(スメタナホール)」
市民会館内のガイドツアーをやっていたので、チケットを買って参加しました。
ミュシャ(ムハ)が手掛けた内装を観ることができます(写真はないので、見たい人はググってください)。
チェコ プラハ 国立博物館1
チェコ プラハ 国立博物館2
チェコ プラハ ヴァーツラフ広場
「プラハ国立博物館」「ヴァーツラフ広場」
博物館の中には、入りませんでした。
チェコ プラハ 建物
可愛らしかったので撮影。
こういうのって海外っぽい。
チェコ プラハ パン屋
パン屋。
釣られて、パンを買いました。
チェコ プラハ シナゴーク
ヨゼフォフ地区の「シナゴーグ」の1つ。
シナゴークとは、ユダヤ教の会堂のことです。
ヨゼフォフ地区は、ユダヤ人のゲットー(強制的に住まわされた居住地区)です。
シナゴーグをいくつか回れるチケットを買って、シナゴークやユダヤ人の墓地がたくさんある所を回りました。
チェコ プラハ ジョン・レノンの壁1
チェコ プラハ ジョン・レノンの壁3
チェコ プラハ ジョン・レノンの壁2
チェコ プラハ ジョン・レノンの壁4
カンパ島にある「ジョン・レノンの壁」です。
色々な人が、落書きしています。
私が旅行した後の2014年11月に白く塗りつぶされたそうです(その上から、また落書きされているとのこと)。
写真の演奏している人は、ビートルズの「ヘイ・ジュード(Hey Jude)」か「レット・イット・ビー(Let It Be)」を歌っていたような。
チェコ プラハ ミッション:インポッシブルの階段
「ミッション:インポッシブル」のロケ地になった階段。
“トム・クルーズ”がこの階段を走ったそうです。
チェコ プラハ 催し
催し物をしていて、子どもらが観ていました。
チェコ プラハ マーケット1
チェコ プラハ マーケット2
マーケット。
野菜やその場で焼いたソーセージ、ワインなどが売っていました。
「ブルチャーク」という発酵途中の若いワインが、ペットボトルに入れられ売っていましたので、買って飲みました。
すごい甘いお酒です。りんごジュースみたいな感じでした。
常に発酵しているので、ペットボトルの蓋を緩めて少し開けておかないと、パンパンになって爆発するそうです。よって、お土産として日本にもおそらく持って帰れません(飛行機内で爆発するので)。

「ブルチャーク」は、チェコで有名(?)で、さらっとググった限り、日本で飲んだという人は見当たりません。
なので、「ワイン通」でドヤ顔しているプライドが高そうな自慢げの人に、「“ブルチャーク”飲んだことある?っん??そもそも“ブルチャーク”知ってる?ワインが趣味なら、さすがに知っているよね??んんwww」と煽りましょう。
株式売買で軽く数百万円儲けて、日本国内で買える“ロマネコンティ”を考えれば、日本国内で手に入りづらい“ブルチャーク”の方がレア度が高いと思います。
チェコ プラハ 教会コンサート1
チェコ プラハ 教会コンサート2
「教会コンサート」の教会内です。
こんな素敵な場所で、コンサートを聴けて、優越感に浸れました。
チェコ プラハ マリオネット(操り人形)1
チェコ プラハ マリオネット(操り人形)2
「マリオネット(操り人形)屋」
見た目が怖い。
もし日本でマリオネット屋が流行った場合は、美少女マリオネット屋になりそうです。
チェコ プラハ 男性器チョコ
チョコレート屋があったので、入ったら、なんか売っている!
商品の袋には、「Finest Belgian Chocolates, V!VA PRAHA」「(日本語訳)最高級のベルギーチョコ、万歳プラハ!」と書いています。
なので、決して、“おちんちんチョコ”でも“ちんこチョコ”でも“ペニスチョコ”でも“なんか白いのが出ちゃっているチョコ”でもない、男性器を模したとは言っていない“最高級のベルギーチョコ”です。

日本では、お祭りの屋台で売っている「チョコバナナ」に相当するかと思います。
エロいこともなく、いやらしくもなく、チェコ人が、日本のチョコババのように日常的に食べている食べ物なのでしょう。
ただ、なんか卑猥なものに見えなくもないので、一応モザイクをかけておきました。
最高級と書かれていて、美味しそうだったので、お土産に買って帰ろうかとすごく迷いましたが、チョコで溶けるとあれなので、購入は思い止まりました。
チェコ プラハ 女性器チョコ
このチョコ屋には、色んな種類のチョコが売っていました。
興味深くて、まじまじと見ていましたら、店員さんにチラ見されました。
チェコ プラハ 料理 グヤーシュとクネドリーキ
チェコ料理の「グヤーシュ(グラーシュ)」「クネドリーキ」です。
“グヤーシュがシチュー”で、“クネドリーキが茹でパン”です。
すごい甘ったるく、かつ、独特な味がして、私はちょっと苦手な味でした。
チェコ プラハ Hostinec U Kalicha シュヴェイク1
チェコ プラハ Hostinec U Kalicha シュヴェイク2
チェコ プラハ Hostinec U Kalicha シュヴェイク3
チェコ プラハ Hostinec U Kalicha シュヴェイク4
チェコ プラハ Hostinec U Kalicha シュヴェイク5
「Hostinec U Kalicha(ホスティネツ・ウ・カリハ)」というチェコを代表する作家“ハシェク”の小説「兵士シュヴェイクの冒険」の主人公“シュヴェイク”が通ったとされるお店です。
観光ガイド本に載っている有名なビアホールなのですが、雨の日だったからか、私が入ったとき、お客さんが1組しかいませんでした。あとからもう1組来ました。
入り口からお客さんの姿が全く見えなかったので、めっちゃ恐る恐る入りました。
チーズを揚げた食べ物とビールを頼みました。
時々、おっちゃんがアコーディオンを演奏してくれます。
チェコ プラハ 料理 ソーセージ
他の飲食店で食べた料理です。
チェコ プラハ 馬車
馬車。
チェコ プラハ 鳥1
白い小鳥の群れ。
チェコ プラハ 白鳥
白鳥の群れ。
チェコ プラハ スメタナ像
スメタナ像。
チェコ プラハ ゆるキャラ
ゆるキャラ。
誰にも相手にされていないところがすごい。
ぼっちのゆるキャラに、親しみを感じます。
チェコ プラハ 景色1
チェコ プラハ 景色2
最後は、「プラハ城・ヴルタヴァ川(モルダウ川)・カレル橋」の写真で締めくくり。

プラハの街中を歩き回り、だいたいプラハの地理を覚えました。

これで、デート、もとい、ハネムーン(新婚旅行)の下見もばっちりです!

今回の旅行記のリンクです。

「男一人でプラハ(チェコ)に旅行してきた ‐ 前編」

「男一人でウィーン(オーストリア)に旅行してきた」

「温泉地のカルロヴィ・ヴァリ(チェコ)に旅行してきた」

スポンサーリンク