リップル(Ripple)の仮想通貨「XRP」を買ってみた ‐ 2017年5月17日

2017年5月に入ってから仮想通貨ブームが来ています。

その中でも「リップル(Ripple)」というシステムで使われている仮想通貨「XRP」がすっっっごい高騰しています。

5月1日時点で1XRPが約6円でしたが、今は42円以上の価格になっています。

約2週間で7倍以上。脅威です。

上がっている理由の1つは、リップルのシステムを利用した新送金システムの検討を行っている日本国内のコンソーシアムに三菱東京UFJ銀行が参加したりと、世界中の銀行がリップルのシステムを使う動きがあるからです。

ちなみに、Googleもリップルに出資したらしいです。

このビッグウェーブに乗るしかないと思い、先週、XRPを取り扱っている取引所の「コインチェック(coincheck)」のアカウントを取得し、その後、コインチェックって大丈夫かなと考えたり、本人確認等をだらだらやって、やっと本日5月17日にXRPを購入しました。

ビットコイン(Bitcoin)が10万円くらいのときにも買ってみようと思いつつ、結局、面倒で買わなかったのですが、そのビットコインも今は2倍になって20万円以上です。さっさと取引所のアカウントを作っておくべきでした。

昨日の22時30分頃に銀行振り込みでコインチェックの口座にお金を入金したのですが、振込人名義にIDを付け忘れてしまい、入金のお問い合わせページからそのことについてメールをし、本日の18時30分頃に入金が反映されました。

● 購入したXRPの数量:約4000

● 購入したXRPのレート:約49.86 XRP/JPY

約20万円分購入しました。

コインチェックのXRPのスプレッドが、私が買ったときは、5,6円くらいあったので、それを引けば、XRPのレートは約45円でした。

FXと比較すると、このスプレッドは大き過ぎる。

私がコインチェックのアカウントを作った1週間前は、XRPは約20円だったため、さっさと買っておくべきでした。

いったん下がるのを待とうかなとも思いましたが、今後どうなるか全く予想がつかないため、どうにでもなれ~と思い購入。

コインチェックは、先日システムトラブルがあったり、本日XRPの売買停止があったりしたため、突然、システムが吹っ飛んだり、コインチェックが破たんしたりしたら怖いなぁとも思っていますが、今回投入した20万円は、勉強だとして割り切ります。

株の運用の方は、最近1日で100万円以上動く日があるので、それを思えば20万円は気にしている場合じゃないです。

XRP関係の記事をググっていると2年前のブログで「XRPは無価値」と書いている人もいたので、本当に今後どうなるかわかりません。

ちなみに、売値の目標は、買値の100倍以上です。

つまり、将来、仮想通貨(できればXRP)革命が来たときのために、保険として買っています。

スポンサーリンク