NISAで「セブン工業(7896)」株を購入 ‐ 2017年6月22日

以前、買って利確した「セブン工業(7896)」株を再度購入しました。

関連記事 ⇒ 「セブン工業(7896)」株を利確 ‐ 2017年4月21日

前回利確してからほぼ2ヵ月振りの購入です。

取得単価182円5,000株の購入です。

前回の利確時の株価は160円だったので、それよりも22円も高い値段で再購入といううんこ売買です。はい、私はうんこです。うんこマンです。

当初143円で買ったので、143円以下まで株価が下がるのを待っていたのですが、下げそうになりつつも、しぶとく買いが入り下がらず。

そしたら、6月2日に突然204円まで急騰

結局その日のうちに株価は、170円台まで下がりましたが、いったいこの急騰は何だったのかと。

ちょうどこの日の前日に、愛知県に「ジブリパーク」ができるというニュースが流れたので、愛知県の隣の岐阜県に本社があるセブン工業に建設関係で受注が増加すると連想予想して買った人がいたのかどうか、原因不明の謎の急騰でしたが、何か匂うと思い、株の購入希望価格を143円以下から172円に変更しました。

しかし、170円台前半まで株価を下げるとしつこく買いが入り、なかなか172円にならず。

残りのNISA枠を使い切りたく、172円で6,000株を購入するとちょうどぴったりぐらいだったのですが、172円以下で6,000株以上の売りがなかなか出ない状況。

1, 2回チャンスがあったのですが、国際情勢要因で株全体が下がりそうと思い、そのチャンスをスルーしてしまい、今に至っています。

板を見ていると、なぜか上には売りの蓋があるのですが、株価が下がって来るとしつこく買いが入っていたので、チャートもすごく綺麗ですし、株価を調整している大口がいるのか、それとも単に170円ぐらいで買いたい人と170円後半以上で売りたい人がいただけなのか。

テクニカル派ではない私ですが、チャート的には、ここ数週間は175円ぐらいが続くかなと昨日思い、今日仕方なく175円で買いを入れるかと思っていたら、なぜか昨日まであった売りの蓋がなくなっており、朝から株価が上昇。

乗り遅れたらヤバい!と思い、182円で購入。

その後、192円まで急上昇

今日中にそこまで上がるとは思っていなかったので、やったー!と思っていたら、終値は183円。はい、うんこです。

特に材料があったわけでもないので、今日の急騰も非常に謎でした。

ただ、一昨日下記の記事で、セブン工業が紹介されていたので、この記事の影響かもしれません。

この記事が出たとき、安く株を買いたかった私にとっては、余計なことはやめてくれ…と思いました。

【特集】東証2部は個人投資家の味方です。一挙紹介“割安&好業績”注目株 <株探トップ特集>

先日発売された四季報のセブン工業の項目には、「CLTの採算化困難」といったようなことが書かれていました。

以前からセブン工業がCLT関連銘柄なのかどうか気になっていましたが、この説明でCLTに関連していると知ることができました。

ただ、採算化が難しいと。

日本ではやっとCLTが出始めてきたところなので、まだCLTはコストが掛かりそうだなぁとなんとなく思っていたのですが、やはりそうなのかといったところです。

こうなるとこの課題が解決されるまでは、CLT関連銘柄としても微妙です。

ただ、CLTが市場で話題になれば、連れ高する可能性があるので、連れ高してくれたらなぁぐらいの気持ちでいます。

他に私が考えるネガティブ材料は、(6月29日の株主総会で承認可決されたら)今年の10月1日から株式併合で単元株式数が1,000株から100株に変更されることです。

単元株式数の変更および株式併合、ならびに定款の一部変更に関するお知らせ

そうなると株価が10倍になります。

もし株価が下がって行ったときに、株価が「100円から50円」になるのと「1,000円から500円」になるのでは、気持ち的に後者の方が下げる余地がたくさんあると思われ、株価が下がりやすいと思います。

なので、あまり株式併合は、私としてはうれしくないです。

ただ現状、セブン工業は業績が良いので、この業績が続く限りは、気にする必要はないと思います。業績が悪くなったときが危険です。

そのときは、さっさと売る予定です。

簡単にCLTについて知りたい方は、下記の記事が良さげでした。

CLTの普及による木造建築の可能性。政府が推進する背景とは?

この記事にも「材料コストが高い」と書かれているので、やはり現状では、CLTは金銭面で普及やビジネスにするのが難しいように感じます。

また、この記事には、以下のようなことも書かれています。

林野庁は2020年の東京オリンピック・パラリンピック大会を木材の良さなどをアピールする絶好の機会として捉えている。例えば、同大会の競技施設や選手村の食堂などの仮設物にCLTを活用し、期間中は木材を提供した地域をPR。

CLTをはじめとする木造の中高層ビルが建ち並ぶようになれば、都会が森のような温かみと清々しさを感じる空間になるかもしれない。

今後のCLTの普及とそれによって日本が豊かになることに期待です。

CLTはさて置き、目先の現実的な株価アップに繋がる実施して欲しい施策は、今の業績が続くようなら配当アップ、どこかの企業と協業してセブン工業の製品を入れてもらう、生産効率性向上です。

利確タイミングとしては、セブン工業は、株の流動性が低いということもあるので、そのときの状況にもよりますが、適当に株価が吹いたら売って行こうと考えています。

株から話が全く変わりますが、今日、仕事において、テレビの取材がありました。

インタビューみたいなのがあったのですが、上手く話せませんでした。

いつものことなんですが、長くゆったり話すといけないと考えてしまい話すのを焦ってしまったり、話しながら並行して自分が現在話している内容を脳内で検証してしまったり、色々妄想を膨らましてしまったりして、話があちこち行ったり、スムーズに話せません。

話し終えた直後に、あのように話せば良かったといつも脳内反省会をしています。

どうしたらこの課題を解決することができるのか。話が上手くなりたいです。

スポンサーリンク