男一人で東京タワー水族館に行ってきた

男一人で「東京タワー水族館」に行ってきました。

東京タワー水族館はその名の通り「東京タワー」内にあります。

スカイツリーにお客さんを奪われたのか、もともとお客さんが少ないのかわかりませんが、土曜日に行ったのですが、東京タワー水族館はとても空いていました。

左奥の所が水族館への入り口です。

入り口前には、お土産が少し売っています。

入口入ってすぐにヤバそうなのが登場。

「アフリカツメガエル」です。

黄色の上に何とも言えない見た目です。

「イベリアトゲイモリ」

「ウーパールーパー(アホロートル)」

小さい大きさの観賞魚(熱帯魚)コーナー。

「ネオンテトラ」

色が綺麗で小さくてかわいいです。

館内はこんな様子です。

真ん中にあるのは魚釣り、ザリガニ釣りコーナー(有料)です。

「コンゴウフグ」「カクレクマノミ」

コンゴウフグのおちょぼ口がかわいい。

「タツノオトシゴ」

「サンゴ」

「オオグソクムシ」の脱皮の殻。

「チンアナゴ」

私の股間のチンアナゴと同じ大き…私のはもっと大きいです。

「グリーンモレイ」

怪物のような姿で大きくて迫力があります!

魚釣りをしていて、こんな魚が釣れたらびっくり仰天してしまいます。

「ブラックエッジモレイ」

東京タワーの模型。

上の方が傾いています。

「オキシドラス」

口が不思議な形をしています。

球上の水槽。

「ヒラタコモリガエル(ピパピパ)」

平たい体族です。

メスは背中一面に子どもを宿すのですが、そのときの姿はグロいです。

「ポルカドット・スティングレイ」

見えた目がオシャレな感じです。

「ワニガメ」

頭や体に苔(?)が生えています。

まるで岩。

謎の「おみくじ」がありました。

見た目が派手です。

何を考えてこれをここに設置したのだろうか。

ぶっちゅ~

うねうね~

ヤバいのキタ!

「プロトプテルス・エチオピクス」というハイギョです。

アルビノなので白色です。

今回、東京タワー水族館に来て、一番衝撃的な魚でした。

水族館に入る前に飲料水をガブガブ飲んだせいか、トイレに行きたくなったのですが、水族館の館内にはトイレが見当たらず、入口に戻り受付のスタッフにお手洗いに行きたいと伝えたら、かわいいカエルとカメの絵が描かれた再入場カードを渡されました。

「すっきりした~」

「ミドリフグ」

ちっこくふっくらしていてかわいい。

「ムブ」

模様がとても綺麗です。

「エレファントノーズ・フィッシュ」

象の鼻のような形をしているため、この魚名になったそうです。

「キッシング・グラミー」

口が「ぶっちゅ~」とキスしそうな形になっていますが、実際にこの魚同士でキスをしまくるそうです。

Wikipediaには、

『オス同士が出会うと口で押し合う闘争行動をおこなうが、これを傍から見るとキスをしているように見えるため、「キッシング」の名がある』

と書かれています。

「アジアアロワナ」

鱗の模様に高貴さがあり綺麗です。

「スッポンモドキ」

別名が「ブタハナガメ」と言われるように、見事な豚鼻でブヒ。

「オスフロネームス・グラミー」

唇が超でかい!

「アフリカン・ビッグマウスキャット」

「ジーベンロック・ナガクビガメ」

おちんちんのように首が伸びの~びしています。

「スポッテッド・ナイフフィッシュ」「ゴールデン・スポッテッド・ナイフフィッシュ」

背の部分が扇状に高くなっているユニークな形をした魚です。

「トランスルーセント・グラスキャット」

体内がスケスケです。

「レッドフィン・オスフロネームスグラミー」

ヒレ先が赤みがかっており綺麗です。

「ハーフオレンジ・レインボー」

体半分がオレンジ色・黄色になっている不思議な見た目です。

「ヤマトヌマエビ」

出口の手前には日本庭園風の場所があり、コイやカメがいます。

「ヒレナガゴイ」

黄金色で、ヒレの感じなどが神々しい。

金運がアップしそうなオーラが出ています。

以上が東京タワー水族館にいる一部のお魚たちでした。

東京タワー水族館には、珍しい変わった姿のお魚が多くいて楽しめます。

スポンサーリンク