男2人で遊園地デート「よみうりランド」でバンジージャンプしてきた

数年前に男2人で「よみうりランド」に遊園地デートしてきたときのことを書きます。

行った目的は、愛を深めるため。ではなく、「バンジージャンプ」です。

人生で一度は、バンジージャンプをやってみたいということで、近くでできるところを探していたら、「よみうりランド」にバンジージャンプがあると知り、男性の友人と行きました。

ネットを見ていると、男2人で遊園地に来ている人はホモ(ゲイ)だろうと書かれていたりしますが、一緒に行った友人も私もホモではありません。たぶん。

ただし、一時期、その友人と2人でルームシェアをしていたことがあります。ウホッ!

以前、飲み屋に行ったとき、隣の席の女性陣が「○○君が男友達と遊園地に行ってきたと言っていたけど、そんなのあり得ない。絶対女と行っているよ!」としゃべっているのが聞こえてきたので、「いや、男2人で行くんだよな、これが」とツッコミ、かつ、非リア充の説明をしてあげたいと思ったことがあります。

よって、遊園地で男2人でデートしているアベックを見かけても、早計にホモとは判断しないてください。

遊園地よみうりランド1
「よみうりランド」のマスコットキャラクターの「ランドドッグ」です。
シュールなデザインです。
遊園地よみうりランド2
遊園地よみうりランド わくわくドライブ
遊園地よみうりランド メリーゴーランド
全体的にレトロ感漂うアトラクション。
遊園地よみうりランド3
このアザラシ(?)に男2人でまたがって、写真撮影してもらおうとふと思いましたが、自重しました。
遊園地よみうりランド ウルトラマンショー
ウルトラマンのショーがやっていました。
シュワッチ。
遊園地よみうりランド バンジージャンプ1
そして、いざ、「バンジージャンプ」へ。
女性客が何のためらいもなくバンバン飛び降りていました。
やはり、テレビでの芸能人のリアクションは大袈裟だったんだなと思いました。
遊園地よみうりランド バンジージャンプ2
バンジージャンプ台の階段を登ります(私が登っているところ)。
登る前は、全く怖くないと思っていたのですが、登っている最中に「あれ?下が透けていて、ちょっと怖くね?」と思いました。
台の高さは22mで、ビル6,7階に相当します。
ビルのようにがっしりしているわけではなく、細長い骨組み剥き出しの鉄塔なので、それに不安定さを感じ、怖さを感じやすくなっていたと思います。
遊園地よみうりランド バンジージャンプ3
頂上です(私が下にいる友人に対して敬礼しているところ)。
足が台からはみ出ています。
この状態では、まだ、少し余裕でした。
スタッフがカウントダウンするので、0になったら、自分の意思で飛び降ります。カウントダウンの段階でもまだ余裕。

しかし、カウントダウンが0になって、いざ飛び降りるとなったときに、「ちょーこえぇーーーっ!」となりました。
この高さを自分の意思でジャンプするのは、相当勇気が必要でした。
カウントダウンが0になって、飛び降りるまでの1秒ぐらいの間に「怖い!でも、これ飛べなかったら、芸能人を笑えないよな。女性客は、躊躇なく飛んでいたのに、これでおれが飛べなかったら、男として恥だ!」と頭をフル回転させ、自分の男としてのプライドにかけて飛び降りました。
普段プライドなんてないんですけどね。プライドがあったら、男2人で遊園地に来ていませんし。
遊園地よみうりランド バンジージャンプ4
ひゃー!(私の飛び降り瞬間は、撮影していなかったので、ここからは友人が飛び降りている写真)
ジャンプした直後は、ちょっと“タマヒュン”のようなヒヤッと感がありましたが、その瞬間以降は余裕でした。
遊園地よみうりランド バンジージャンプ5
ゴムの紐が伸びきったぐらいの状態。
遊園地よみうりランド バンジージャンプ6
びよよ~んとゴムが縮んで、上に上昇したときの状態。
ゴムの伸び縮みによる上下運動は、全く怖くありませんでした。
余裕のよっちゃんです。
遊園地よみうりランド バンジージャンプ7
着地は、ずるずる紐を延ばされ、マットの上に着地し、スタッフにバンジージャンプの器具を取り外してもらいます。
バンジージャンプをしてみた感想は、「ジャンプした直後がまあまあ楽しい」といった感じです。
一瞬で終わってしまうので、楽しみの持続時間を考えると絶叫ジェットコースターの方が楽しいかなと思いました。
遊園地よみうりランド 観覧車1
せっかくなので、男2人で観覧者にも挑戦しました。

観覧車に乗る前に、「ホワイトキャニオン」という木造のジェットコースターに乗ったり、男2人で「お化け屋敷」に入ったりしました。
ホワイトキャニオンは、富士急ハイランドの絶叫ジェットコースターに慣れてしまっている私には、物足りませんでしたが、まあまあ面白かったです。
ただ、今調べたら、ホワイトキャニオンは、2013年に営業終了していました(私が行ったのは2012年)。
お化け屋敷は、まぁ男2人で入ってもイチャイチャするわけでもないので、ふ~んといった感じでした。
200円で女性スタッフと一緒にお化け屋敷を回れるオプションサービスでもあったら良いですね。
遊園地よみうりランド 観覧車2
観覧車からの写真。
前の前の車体に、カーテンがついているような。
これは、恋人同士で入って、中でチュッチュしたり、あんなことやこんなこと、そんなことの卑猥行為をしたりするときの目隠し用のカーテンでしょうか。
あぁ、観覧車内で女の子とちゅっちゅしたい!
遊園地よみうりランド 観覧車からの眺め1
遊園地よみうりランド 観覧車からの眺め2
観覧車からの外の景色。
結構遠くの方まで見渡せて、眺めが良かったです。
遊園地よみうりランド 観覧車3
せっかくなので、観覧車内で記念写真撮影。
ピース。
遊園地よみうりランド 顔出しパネル
ウルトラQの怪獣「ガラモン」の顔出しパネル(顔ハメ看板)があったので、記念写真撮影。
遊園地よみうりランド マスコットキャラクター ランドドッグ1
遊園地よみうりランド マスコットキャラクター ランドドッグ2
「ランドドッグ」の着ぐるみがいたので、記念写真撮影。良い記念になりました。
中に入っている人は、超可愛い女の子だっただろうと妄想しておきます。

レトロな遊園地でつまらないかなぁと行く前は思っていましたが、それなりに楽しめました。

なんといってもディズニーランドなどの超人気テーマパークと比較し、非常に空いていて、アトラクションに乗る待ち時間があまりないので、良かったです。

また、男2人の遊園地デートでも非常に楽しめるということを今回知ることができました。

男2人デートおススメします!

ぜひ、誘う女性がいない男性諸君は、男友達を誘って遊園地に行きましょう!

ただし、性の対象として、男に目覚めてしまっても責任は負いかねます。

スポンサーリンク