男一人でかつやまディノパークに行ってきた

「石川県の金沢市」、「福井県」の男一人旅。

今回は、「かつやまディノパーク」の記事です。

前回の旅行記 ⇒ 男一人で福井県立恐竜博物館に行ってきた

かつやまディノパークは、森の中に実物大サイズの恐竜(作り物)がいるテーマパークです。

森の中の道を歩いて恐竜を鑑賞して行きます。

かつやまディノパークの存在すら知らなかったのですが、福井県立恐竜博物館に行ったときに、パンフレットを見て、博物館の隣(歩いて数分)にかつやまディノパークがあることを知り、せっかくなのでと思い行きました。

雰囲気からして小さい子ども向けかなぁと思って入ったのですが、やはり子ども向けでした。

かつやまディノパークの入口です。

なぜか「かつやまディノパーク」というデザインから「けものフレンズ」の雰囲気をそこはかとなく感じました。

今なら「けものフレンズ・ジャパリパーク」とした方が流行りそうです。

入場したらお出迎え。

このような森の中を歩きます。

「オルニトミムス」

こんな感じに恐竜が森の中にいます。

「ケントロサウルス」

襲われている方が「テノントサウルス」、襲っている方が「ディノニクス」

恐竜は、目をパチパチしたり、口をパクパクしたり、ほんの少し動くロボットになっています。

鳴き声も聞こえてきます。

「パキケファロサウルス」

「プテラノドン」

親子のお客さんが多く、親は恐竜をバックに子どもの写真を撮影したがるのですが、子どもは、恐竜よりもスタンプラリー(?)に夢中で、親が「プテラノドンだよ!恐竜の前に立って!」と言っても、それを完全にスルーしていて面白かったです。

まさかスタンプラリーが子どもにあそこまでの好奇心を持たせるとは知りませんでした。

「ステゴサウルス」

「スピノサウルス」

「アンキロサウルス」

「パラサウロロフス」

「アロサウルス」

アロサウルスがポケモンGOのジムになっていましたので、ポケモンを置きました。

私がかつやまディノパークに行ったときは、お客さんがあまりいなく、お客さんは親子連れで、また途中で立ち止まろうとあまり思わない道であり、このようないくつかの条件が重なり、ここでポケモンGOのジム戦をする人がほとんどいなく、24時間経っても私が配置したポケモンがジムに残っていました。

恐竜のベンチ。

「ヴェロキラプトル」

「プロトケラトプス」

「スティラコサウルス」

「ペンタケラトプス」

「カスモサウルス」

「エイニオサウルス」

「トリケラトプス」

「ティラノサウルス」

「マメンチサウルス」

以上、かつやまディノパークでした。

この後は、福井駅に戻り、福井駅周辺を観光しました。

旅行記の続きです ⇒ 男一人で福井駅周辺を観光してきた

スポンサーリンク