夏の花金に男2人だけで花火してきた

夏の花火シーズン、仕事終わりに同僚と花金を満喫してきました。

もちろん、その同僚は女性ではありません。サラリーマンのおっさん男2人で飲みに行きました。

適当に飲み屋に入ったら、アットホームなお店で、家族連れやこのお店の関係者っぽい子どもがたくさんいました。

前の席に2歳ぐらいの幼女がいて、あちこちすごい歩き回っていて、転んで、机や壁に頭ぶつけて泣きじゃくるのを2回もしているような賑やかさでした。

学生らは、夏休みでいいなぁと思いつつ、お店を出て、ポケモンGOのジムがある公園で、ビールを飲みながら、ジム制覇するかという流れになり、コンビニで缶ビールを買って、公園でおっさん2人で飲みながらポケモンGOをやっていました。

すると、隣の方で、パチパチという音が。花火をやり始めた人らがいました。

花火の火薬の匂いが漂ってきて、「この匂い良いよなぁ。夏やなぁ~」とおっさん2人でしみじみ話していたら、「おれらも花火やるか!」と思い立ち、ポケモンジムをちゃちゃっと制覇して、花火を買いにコンビニに向かいました。

そして、花火購入。

男2人で花火 花火セット

下記のような花火がいくつも入っているパッケージです。

男2人で花火 花火セットの一部

コンビニで、200円と値段が書いている所にこの花火パックが置いてあったので、花火って意外に安いんだなと思いつつレジに持って行ったら、1600円ぐらいしました。見事に、コンビニの策略にかかりました。

バケツ代わりに、氷アイスのカップを買いました。

そして、花火に点火。

男2人で花火

いい匂い。夏の香り。

花火の数量が多かったので、花火二刀流で花火を効率良く消化。

男2人で花火 花火二刀流1

男2人で花火 花火二刀流2

火花が綺麗。

長時間露光して、花火で模様を描いた写真を撮影しようと思いましたが、無料の長時間露光撮影アプリが見つからず、幻想的な写真は、撮影できませんでした。

最後は、線香花火。

男2人で花火 線香花火

夏の花金夏の花火で満喫しました。

ゴミを残さず、綺麗に後片付けして、帰宅。

おっさん2人での花火は、よそからみたら危ない人に見えたかもしれません。

決して、ホモ(ゲイ)では、ありません。

単なる、おっさんサラリーマンの悲しい、もとい、誤った青春です。

あぁ、女の子と一緒にキャッキャと花火をして、しみじみと線香花火を眺めたかっと。

約2ヵ月女性と対面で話していないです。もはや、女性の存在は、都市伝説なのではと思うほどです。

後日、今度行われる花火大会観賞会を友人の家でやろうと誘われ、おそらくこの会には、女の子も何人も来ると思われるのですが、なんとその日は、1人でイタリア旅行中で行けません!

せっかくの女の子と話せるチャンスが…

ということで、イタリア旅行中に、女の子をナンパして、キャッキャしたいと思います!(そんな勇気が私にあるかは謎ですが)

「ボンジョルノ!セイ モルト ベッラ!!アモーレ!!!」

スポンサーリンク